かかりつけ薬剤師の調剤薬局求人

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の求人 >> 調剤薬局

かかりつけ薬剤師の調剤薬局求人

一人の患者さんの服薬管理を一人の薬剤師が行うというかかりつけ薬剤師システムは、主に調剤薬局に常勤している薬剤師が担当することが多くなります。そのため、調剤薬局からの求人の中には、今後「かかりつけ薬剤師」の求人が多くなることが予想されています。2016年に新設されたこのシステムは、2017年から本格的な運用となるため、2016年5月現在では、かかりつけ薬剤師になりたい薬剤師が資格取得を目指して準備期間に入っている段階だと言えます。まだ正式に運用されていないので、求人募集が出るのはもう少し先になると考えられますが、薬剤師にとっては収入アップとなるステップアップ、キャリアアップ系の資格の求人は、どこでどんな風に見つけたら良いのでしょうか?

かかりつけ薬剤師の資格を取得するための条件にはいろいろなものがあり、その一つに「該当する薬局での勤続実績が6か月以上」というものがあります。この勤続実績にカウントされる薬局なら、かかりつけ薬剤師が正式に運用され始めた時にもかかりつけ薬剤師の設置が予想されますし、求人募集が出される可能性は高いと言えるでしょう。実際に運用が始まってから求人を探して応募することもできますが、今からかかりつけ薬剤師の資格取得を目指している人なら、今のうちにこのタイプの調剤薬局へ転職しておき、そこでかかりつけ薬剤師の資格を取得した上で働き続けるという選択肢もあります。現在はまだかかりつけ薬剤師が正式の運用されていない時期なので、少ない求人募集に大勢が殺到していません。しかし、正式に運用が始まると、条件が良い職場へ大勢のキャリアアップ希望薬剤師が押し掛けるかもしれませんし、そうすると競争率はとても高くなってしまいます。

ただし、実際にかかりつけ薬剤師の制度が正式に運用され始めたうえで、条件を選んで応募するという方法もあります。実際に運用が始まると、かかりつけ薬剤師が手にする手当の金額が具体的に求人募集に掲載されるようになるでしょうし、ネットを使ったりハローワークを利用して転職活動をする場合にも、そうした細かい待遇面を比較できる環境になることが考えられます。正式運用の前に、希望していた職場へサッと転職するというのも一つの方法ですが、条件をじっくり比較した上で、少しでも待遇が良い職場へ転職するという方法もとれます。このシステムが正式に運用されれば、全国各地の調剤薬局ではかかりつけ薬剤師の求人募集が出ることが予想されているので、たくさんの選択肢の中から仕事探しができそうです。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.