かかりつけ薬剤師の病院求人

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の求人 >> 病院

かかりつけ薬剤師の病院求人

かかりつけ薬剤師のシステムは、一人の患者さんの服薬管理を一人の薬剤師が一元管理するというシステムとなっています。そのため、病院のタイプによってはかかりつけ薬剤師の導入できるところもありますが、すべての病院でこのシステムを導入できるというわけではありません。例えば、患者さんの入院期間が比較的長い療養型の病院なら、このシステムを導入することによって、より患者さんが安心して医薬品と付き合うことができるでしょう。しかし、大学病院や総合病院のように、いつも薬剤師が多忙を極めて多くの処方箋を取り扱っているような病院だと、かかりつけ薬剤師の求人募集が出されても、普段から多忙を極める職場環境の上にかかりつけ薬剤師としての職務が上乗せされることになるため、薬剤師本人にとっては激務で過酷な労働環境となりかねません。そのため、病院によっては、かかりつけ薬剤師は調剤薬局で働く薬剤師に任せることにして、病院内薬局には設置しないという所も出てくるかもしれませんね。

ただし、病院という職場は、薬剤師にとってはステップアップ、キャリアアップできる環境が整っている職場の一つでもあります。経験が少ないうちは、毎日たくさんの処方箋を取り扱わなければいけませんから激務ですし、もっと違う職務に挑戦してみたいなと思っても、薬剤師の経験レベルによって仕事が割り振られていますから、なかなか責任のある仕事を任せてもらえません。しかし、経験値やスキルがアップしていくと、医薬品の在庫管理や発注業務などを経験出来たり、もっとスキルアップすれば、病棟で薬剤のスペシャリストとしてチーム医療に携わるチャンスもあります。長い調剤業務によって培った経験や専門的な知識、スキルを活かして患者さんの治療に別の方向から携わることができるお仕事も病院の中にはあります。

かかりつけ薬剤師のお仕事は、一般薬剤師よりもステップアップした資格となるので、病院内でこの資格を持っていると、お給料アップが期待できます。また、かかりつけ薬剤師の職務には、患者さんの自宅を訪問して残薬の整理や管理を行ったり、服薬指導を行うことなどもありますから、普段とは違う環境で働くこともできます。あまり忙しすぎるのはツラいという人なら、規模が小さな病院や、専門病院、もしくは療養型の病院から出される求人募集を探すという方法も良いでしょう。キャリアアップに尽力したいという人なら、忙しくてもたくさんの症例を勉強できる大学病院や総合病院が良いかもしれませんね。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.