かかりつけ薬剤師の課題

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師の課題

かかりつけ薬剤師の課題

かかりつけ薬剤師は、薬局から患者さんに契約を提案することによってなる場合もありますが、基本的には患者さんから選ばれ、指名されることでなるものです。また、とても良い薬剤師だと患者さんが思ったとしても、その薬剤師にかかりつけ薬剤師の資格がなければ指名することはできません。薬局は、かかりつけ薬剤師の育成に向けて活発に動いていますが、そこにはいくつかの課題が見えてきています。

かかりつけ薬剤師として患者さんから指名してもらうには、患者さんが安心して薬について相談できると思ってもらえることが必要不可欠です。それには、患者さんの心理に共感して適切に配慮できる心理コミュニケーション能力が必要となります。また、患者さんの心理に配慮しつつ、平易でわかりやすく情報を提供できる論理コミュニケーション能力も必要となります。この2つの能力を高めていくことが、かかりつけ薬剤師としての認知度を高めていくことにつながっていくといって良いでしょう。

また、かかりつけ薬剤師となるには3つの条件があります。まずは、薬局での勤務年数ですが、3年以上勤務していること、同一薬局で週に32時間以上勤務してことが必要です。これは、薬局勤務に慣れている必要があることと、かかりつけ薬剤師が地域医療に取り組むための制度であること、患者さんがいつでも聞きにこられるようにすること、などの理由からです。

2つ目は、認定薬剤師の資格を持っていることです。認定薬剤師の資格は、自宅でeラーニングを受けたり、学会に参加したりといった、集合研修・自己研修を受けることで取得できます。この条件が挙げられているのは、常に薬剤師として自己研さんすることで、日進月歩で進んでいく医療業界にしっかり付いていっていることが必要だからです。

そして3つ目は、地域の医療イベントに参加していることです。これは、前述したように、かかりつけ薬剤師は地域医療に取り組むための制度なので、普段から地域住民とつながっていることが必要だからです。住民の方々から服薬の相談を受けたり、学校などに赴いて医薬品の講演をしたりといった活動が必要です。このような活動を通して、住民の方々の年齢層や健康状態を把握し、顔なじみになっておくと信頼関係が生まれてくるはずです。

この3つの条件は、薬剤師にとって決して簡単なこととはいえません。また、これらの条件をクリアする以外にも、コミュニケーション能力が必要となるのです。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.