実は過酷なかかりつけ薬剤師

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> 実は過酷なかかりつけ薬剤師

実は過酷なかかりつけ薬剤師

薬剤師の職場には、調剤薬局や病院、ドラッグストア、製薬会社などがあり、それぞれ職場によって薬剤師が行う職務内容が大きく異なります。そのため、キャリアアップやステップアップとして別の職場へ転職する人はとても多いですし、転職することでほかの仕事内容に挑戦できるなどのメリットもあります。かかりつけ薬剤師の資格は、調剤薬局で働く薬剤師にとっては、収入アップにつながるのでステップアップなお仕事と考えることができます。しかし、調剤薬局や病院内の薬局に常勤するという点ではそれまでと変わることはありませんし、かかりつけ薬剤師の資格を取得したからと言って業務内容がそれまでとガラリと変わるわけではなく、それまでの調剤業務の上にかかりつけ薬剤師としての業務が上乗せされることになるため、かなり忙しくなることが予想されています。

かかりつけ薬剤師としての業務には、担当する患者さんの服薬歴管理に加えて、必要があれば患者さん宅を訪問して残薬整理を行ったり、健康食品やサプリ、市販薬など患者さんの体内に入る成分を薬学のスペシャリストという立場で管理、指導を行うお仕事となります。緊急の時には24時間体制で患者さんの相談に対応することになりますから、資格取得前と比べると確実に仕事の量は多くなりますし、勤務に関わる時間も長くなるでしょう。家庭や育児と両立を考えている薬剤師にとっては、資格を取得することによってステップアップできるというメリットはあっても、肉体的にも精神的にも大きなストレスを抱えることになるという可能性はあります。

また、かかりつけ薬剤師の業務は、24時間対応となります。すべてのかかりつけ薬剤師が毎日24時間体制で患者さんの問い合わせに対応するというわけではなく、薬局ごとにそれぞれ当番制にして、自分の番の時には勤務先の薬局とかかりつけ薬剤師契約をしている患者さん全てからの問い合わせに対応することになります。一般的に、薬剤師の職場で夜勤があるところは少ないため、自宅でオンコールの状態とは言え、深夜でもなにかあれば対応しなければいけないかかりつけ薬剤師の当番制は、精神的にストレスとなるリスクがあります。まだ正式に運用が始まっているシステムではありませんが、始まるとその他にもいろいろな問題が浮上してくるかもしれません。働く薬剤師にとっては、資格を取得してキャリアアップを目指しながらも、プライベートとのバランスを考えて両立してもらいたいものです。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.