かかりつけ薬剤師のノルマ

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師のノルマ

かかりつけ薬剤師のノルマ

2016年に新しく誕生したかかりつけ薬剤師の制度は、正式に運用が始まるのは2017年からとなっていますが、薬局にとっては「かかりつけ薬剤師業務」に対するノルマが課せられることになります。この制度を運用するためには、薬剤師の中でも複数の条件を満たして資格を取得したかかりつけ薬剤師が常勤していることが条件となるため、まずは薬局側はかかりつけ薬剤師を雇用することが必要となります。また、雇用していても、かかりつけ薬剤師業務を全く行わないと、いろいろな部分で最低ノルマが課されていて、クリアできない場合には翌年にペナルティがかかってしまうことになります。

例えば、かかりつけ薬剤師業務を積極的に行わない場合には、調剤基本料そのものが50%に減算されるというペナルティがついています。これだけでも薬局側にとっては大きな収入減となりますから、場合によっては調剤薬局の運営そのものに大きく影響することが考えられます。薬局での調剤基本料には、1〜5までの区分に加えて特別調剤基本料というたくさんの区分が設定されています。かかりつけの薬剤師という制度は2016年に新設された制度で、複数の区分のうち基本料3及び特別基本料については、新しく導入された区分となります。既に存在している区分に関しては、かかりつけ薬剤師業務を行なわなくても保険点数が下がってしまうことはありませんが、新設された区分に関してはペナルティがかなり厳しく設定されることが予想されています。

このノルマはすべての薬局が対象となるわけではありません。調剤料の時間外対応や夜間・休日対応をしていたり、かかりつけ薬剤師指導料や包括管理料、在宅訪問薬剤師指導料、外来服薬支援料などの料金算定が1年で10回以上あれば、ノルマはクリアということになります。ノルマを達成できないとペナルティはかなりキツイですが、ノルマのラインはそれほど高すぎて達成できないというわけではないので、どの薬局でも比較的楽に達成できるラインと言えるでしょう。

ただし、区分によってはノルマを達成するのが難しい場合もあるようです。たとえば、勤務している薬剤師の半分以上がかかりつけ薬剤師の資格を持っているとか、かかりつけ薬剤師としての実績を上げている、などの条件もあります。この場合、実績というのは毎月100回以上かかりつけ薬剤師としての活動を行っていることが条件となるため、このラインをクリアできる薬局はそれほど多くはないかもしれませんね。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.