かかりつけ薬剤師とお薬手帳

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師とお薬手帳

かかりつけ薬剤師とお薬手帳

かかりつけ薬剤師は、患者さんからの指名を受けることで、さまざまな義務が生じることになります。患者さんがいくつもの病気にかかっていて複数の医療機関を受診している場合、薬局も複数利用することがありますが、かかりつけ薬剤師は、そのすべてから処方される薬を一元管理しなければなりません。自分の勤務している薬局以外から調剤を受けた内容も、患者さんから聞き出して記録しておくことも義務の一つです。

また、お薬手帳には、かかりつけ薬剤師として氏名や勤務先の名所、連絡先を記載することが決められており、もしも他の医療機関で困ったことがあれば、電話が入ることもあります。その際も、担当薬剤師として適切に対応していかなければなりません。かかりつけ薬剤師は、医師でいえばその患者さんの主治医の役割を果たしているといってよいでしょう。

体調や服用しているすべての薬を把握した上で、適切な調剤や処方を提案することも仕事に含まれています。かかりつけ薬剤師は、指名された患者さんに勤務表を渡すことも義務づけられているので、基本的に薬局に行って不在ということはなくなります。また、直通の電話番号も渡すことになるので、薬やサプリメント、また、健康についてのさまざまな疑問はすぐに解決できるようになります。

かかりつけ薬剤師が誕生した背景には、日本の高齢化社会が稀に見るスピードで進んでいる現実があります。高齢になると、誰しもが1つや2つの病気を抱えて医療機関を複数受診するものです。しかし、このままでは、医者や看護の負担は増すばかりで、医療費もそれに比例するかのように膨らみ続ける一方でしかありません。かかりつけ薬剤師の制度は、医師や看護師にかかる負担を分散し、膨れ上がる医療費を少しでも抑制できるようにという考えがもとになっているのです。患者さんが医療機関を利用せずに在宅療養し、かかりつけ薬剤師が訪問して服薬管理・指導をすることがそれにつながります。

また、医療費の増大する要因の一つに残薬の問題が挙げられています。薬を飲み忘れることは、第一に病気の治癒に大きな障害となりますが、そのままにしていると、次回の処方時にはいつもと同じ量の薬をもらうので、ここに無駄な医療費が発生することになります。かかりつけ薬剤師は、患者さんのもとを訪問した際には、薬の飲み忘れがないかをチェックするとともに、残薬を調整して無駄のないようにするのも重要な仕事なのです。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.