かかりつけ薬剤師はいらない?

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師はいらない?

かかりつけ薬剤師はいらない?

風邪を引いた時には風邪薬を飲み、お腹が痛くなったときには整腸剤を飲む、といったような普段から健康な人にとっては、かかりつけ薬剤師を活用する意味や必要性はあまり感じないかもしれません。その理由は、体内で複数の医薬品を混ぜて飲む必要がないからです。しかし、持病があって常に薬を飲まなければいけない人にとっては、別の疾患を患って別の薬も飲まなければいけないとなると、作用が強い医薬品を両方同時に飲んでも大丈夫なのか、健康的な面でトラブルが起こる心配はないのか、いろいろ不安を抱えてしまうものです。

これまでの医療では、患者さんのそうした服薬管理は、病院ごとに行っていたり薬局ごとに行ってきましたが、基本的には患者さん自身が責任を持って行わなければいけませんでした。患者さんにはお薬手帳というものが発行され、薬局を利用するたびにお薬手帳にどんな薬がどのぐらい処方されたのかが記録され、どの薬局を利用しても薬剤師がその内容を見て把握し、患者さんの健康を考えて副作用が起こらないことを確認した上で調剤を行う、という流れとなってきました。

しかし、もしも患者さんがお薬手帳をなくしてしまうと、そこに記載されていた内容は全て分からなくなってしまいます。薬局に行くと新しい手帳を発行してもらうことはできますが、どんな薬を常用しているのか、どんな薬を飲んだことがあるのか、など服薬歴が分からなくなってしまうというデメリットがありました。かかりつけ薬剤師のシステムを採用することによって、一人の薬剤師が患者さんが服用する処方箋の薬からドラッグストアで市販されている市販薬まで一元管理することになるため、これまでのデメリットを克服できる効果が期待できます。

また、高齢社会においては、持病を持っていて普段から複数の薬を服用している患者さんはたくさんいます。そうした患者さんに対して別の薬を処方する際には、やはり薬剤師がシッカリと禁忌薬にならないことを確認した上で調剤することが大切です。うっかり禁忌薬を処方してしまうと、その責任がどこにあるのかは以前のシステムでははっきりさせることができませんでした。しかしかかりつけ薬剤師制度が導入されれば、薬剤師が一元管理しているわけですから、薬剤師の責任の元に患者さんがどの薬を飲めばよいのかをはっきり管理しやすくなります。それに、患者さんにとって経済的な負担が少ないジェネリック薬品に切り替えることもできたりするので、患者さんにとっても大きなメリットが期待できます。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.