かかりつけ薬剤師と薬剤師包括管理料

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師と薬剤師包括管理料

かかりつけ薬剤師と薬剤師包括管理料

2016年4月に改訂された診療報酬で新たに追加されたのが、「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」という2つの算定項目です。いずれも、これまで以上に地域に深く根付いて、患者さんの服薬管理をするために必要な内容が盛り込まれています。

薬剤師包括管理料とは、薬剤師が、医師と密な連携を取って薬物療法を行わなくてはならない患者さんのための算定項目です。対象となるのは、本来は院内処方を行って医師が服薬まで管理しなくてはならない患者さんで、高血圧症や糖尿病、高脂血症、認知症にかかっているなど、いくつかの条件があります。

かかりつけ薬局の制度では、医師や看護師の負担を減らす方向付けがされているので、薬剤師のこれまで以上の働きが大いに期待されているのです。院内処方が無理な場合、かかりつけ薬剤師として指名された薬剤師は、対象の患者さんに実施した服薬指導などを、医師にフィードバックすることも決められています。

一方、かかりつけ薬剤師指導料とは、かかりつけ薬剤師が患者さんに服薬の管理や指導を行なった際に生じる算定項目です。かかりつけ薬剤師は、医療機関に関わらず担当する患者さんが服用しているすべての薬について把握しなければなりません。また、服薬の管理や指導について処方医に情報を提供する必要があり、必要であれば医師に対して処方の提案をすることもあります。そして、薬局を訪れることが難しい患者さんなどに自宅を訪問するなどして、薬をきちんと飲んでいるか、残薬はないかといった確認を行うこともあります。

対象となる患者さんは、院内処方ができなかった場合はかかりつけ薬局に行って薬を処方してもらうわけですが、その際に、薬局は患者さんから同意を得る必要があります。内容は、担当する薬剤師や、処方医との連携を図ることなどのほか、次回より、かかりつけ薬剤師包括管理料を算定することになどについてが含まれます。

かかりつけ薬剤師包括管理料の料金は3割負担で810円ですが、もしもかかりつけ薬剤師が対応できなかった場合には薬剤師包括管理料は算定されません。患者さんは薬についてわからないことがあれば、24時間体制でかかりつけ薬局に問い合わせることができるので、かかりつけ薬局では、医療機関の看護師と同じように当直を持ち回りで担当することになっています。また、かかりつけ薬剤師は、薬についてだけではなく、体調や食事の管理といった健康面での幅広い相談にも応じなくてはなりません。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.