かかりつけ薬剤師の同意書

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤師の同意書

かかりつけ薬剤師の同意書

かかりつけ薬剤師の制度では、一人の患者さんの服薬管理を一人の薬剤師が責任を持って一元管理するというシステムとなっています。その際、患者さんとかかりつけ薬剤師の間では、かかりつけ薬剤師の契約を結びますと言う同意書を交わすことになります。同意書はその薬局ごとにフォーマットは異なっていますが、どんな形式でも内容が難しいわけではなく、患者さんにとっては分かりやすく項目が明記されている同意書が多くなっています。

例えば、かかりつけ薬剤師制度では、患者さんが薬局に足を運ぶ際にお薬手帳を持ってくると、薬剤師がそこに調剤した薬の情報や飲み方などを記入してくれます。患者さんがこれに対してしなければいけないことは、お薬手帳を忘れずに持参するということと、病院に行くときにもお薬手帳を持参する、ということになっています。

また、かかりつけ薬剤師は一般薬剤師とは異なる、緊急の場合には24時間体制で対応してもらうことができます。薬局が営業している時間ではない時でも、緊急の時ならかかりつけ薬剤師の電話番号がお薬手帳に記載されているので、そこに連絡をすれば対応してもらうことができます。

同意書には、薬の取り扱いや、薬を飲み切らずに余ってしまった場合の対応法なども記載されています。患者さんの中には、症状が良くなったからと薬を飲み切らずに、「次の時のために」と自宅保管している人がたくさんいます。しかし、作用が強い医薬品の中には、保管するための室温や湿度の調整が必要になるものがありますし、どんな医薬品も使用期限がついているので、あまり長期間保管してしまうのは、かえって健康トラブルを招く原因にもなりかねません。そうした残薬に関する相談にも、かかりつけ薬剤師なら応じることができます。

同意書では、かかりつけ薬剤師は医師から処方された医薬品だけでなくドラッグストアで市販されている市販薬や健康食品についても、相談を受け付けたりアドバイスを受けることができる旨が記載されています。かかりつけ薬剤師は薬のスペシャリストとして患者さんの薬との付き合い方や向き合い方を総合的に指導したりアドバイスをする立場となりますから、服用している薬がある人が、新しい健康食品に挑戦したいけれど副作用が心配な時などには、何なりとかかりつけ薬剤師に相談できることになります。その他には、新薬ではなく費用面の負担が少ないジェネリック薬品に変えてほしいなどの相談にも乗ってもらうことができます。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.