かかりつけ薬剤は24時間対応?

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師のコラム >> かかりつけ薬剤は24時間対応?

かかりつけ薬剤は24時間対応?

かかりつけ薬剤師の職務の一つに、24時間体制で患者さんに対応するというものがあります。かかりつけ薬剤師は調剤薬局などの薬局に常勤している薬剤師で、薬局の営業時間中なら患者さんからの問い合わせにも対応できますが、薬局は24時間体制で営業しているわけではありません。もしも営業時間外に患者さんが問い合わせをするとしたら、どこにどんな風に問い合わせてきて、かかりつけ薬剤師はどのように対応することになるのでしょうか?これからかかりつけ薬剤師の資格を取得しようと考えている人にとっては、不安材料の一つになるかもしれませんね。

この24時間対応についてですが、全てのかかりつけ薬剤師が毎日24時間体制で患者さんからの問い合わせにスタンバイしなければいけないというわけではありません。多くの薬局では、かかりつけ薬剤師システムが正式に運用された後の24時間体制での対応についても検討していて、大半はかかりつけ薬剤師が当番制になって夜間の問い合わせに対応するオンコールシステムとなるようです。患者さんが薬局でかかりつけ薬剤師の契約をすると、お薬手帳には薬剤師への連絡先が記載されることになります。通常の場合、営業時間内なら調剤薬局の電話番号が連絡先となります。しかし24時間対応となるので、夜間の場合には夜間専用の携帯電話が準備され、患者さんがその電話番号に連絡をすると、オンコール中の薬剤師がそれに対応するということになるようです。

基本的に、かかりつけ薬剤師制度では一人の患者さんの服薬歴管理を一人の薬剤師が一元管理するというシステムになっています。そのため、本来なら夜間でも担当の薬剤師が対応するべきなのですが、夜間の対応の場合には、あらかじめ患者さんにその旨を説明し、夜間の連絡先を伝えておけば問題ありません。具体的に夜間患者さんからどんな連絡が来るのかというと、「飲む薬を間違えて多く飲んでしまった!」というものが多くなることが予想されます。医薬品の中には、食後だけではなく寝る前に飲む薬もあり、患者さんが布団に入る前に薬を飲んだ時に、うっかり数を間違えて多く飲んでしまった、ということが多くなりそうです。かかりつけ薬剤師は、相談に対して適切なアドバイスを行うこととなります。飲んだ薬の種類や量、その作用によっては、救急車を呼んですぐに病院に行くことをアドバイスすることもあるかもしれません。患者さんにとっては、こうしたかかりつけ薬剤師のアドバイスに従うことで、大きな安心感につながりますし、不安を抱えたまま朝を迎える必要がないという点が大きなメリットとなります。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.