かかりつけ薬剤師の勤務時間

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師の勤務時間

かかりつけ薬剤師の勤務時間

薬剤師の勤務時間は、働く職場によって異なります。多くの薬剤師が働いている調剤薬局の場合には、処方箋を多く受け付けている病院の外来診療時間と合わせた営業時間になっていたり、都市部においては夜間遅くまで営業している調剤薬局などもあります。かかりつけ薬剤師の資格を取得しても、基本的にこの勤務時間が大幅に変わることはありません。

かかりつけ薬剤師として働くことは、それまで調剤薬局で行ってきた仕事内容が劇的に変わるわけではありません。かかりつけ薬剤師は調剤薬局で常勤として働く薬剤師に限られているため、正社員としてフルタイムで仕事をすることになりますし、仕事内容はこれまでと同じように患者さんへの調剤業務がメインとなります。しかし、かかりつけ薬剤師の資格を取得することによって、患者さんの服薬歴を一元管理することになりますから、仕事の量は増えることになります。例えば、かかりつけ薬剤師の仕事内容には、必要に応じで患者さんの自宅を訪問し、残薬の管理や整理、および服薬指導を行うことがあります。患者さん宅を訪問することによって訪問手当などが入ってきますので、収入面ではアップが期待できますが、普段通りの仕事量に加えてこうしたかかりつけ薬剤師としての業務が上乗せされることによって、勤務時間は残業という形で長くなってしまうことが多いようです。

調剤薬局の中には、持ち込まれる処方箋の数が多くて、薬剤師は残業をしなければ仕事が終わらないほど多忙を極める職場もあります。かかりつけ薬剤師が働く職場の全てが、そのように多忙を極めて残業無しでは帰宅できないほど忙しいというわけではないでしょうが、これまで通りの勤務時間で収入だけがアップできると考えるのはいかがなものでしょうか。

また、かかりつけ薬剤師は患者さんのニーズがあれば24時間体制で対応することも仕事内容となります。そのため、調剤薬局がクローズしている時間でも、もし患者さんから緊急の連絡を受けた場合には、深夜でも直ちに対応することが義務付けられることになります。日常的にそうした事態が発生するわけではありませんが、いつ万が一のことがあっても対応出来る心構えはしておいた方が良いでしょう。そう考えると、かかりつけ薬剤師は24時間体制でスタンバイすることが必要となり、一般薬剤師よりも勤務時間が長くなる可能性が高くなりそうです。もちろん、収入アップが期待できるので、やりがいや満足感を感じることができるお仕事ですし、キャリアアップにつながるお仕事です。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.