かかりつけ薬剤師の意義

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師の意義

かかりつけ薬剤師の意義

かかりつけ薬剤師とは、2016年4月に本格的にスタートした制度なので、未だ制度を利用したことがないという人もいることでしょう。現在でも、すべての薬局にかかりつけ薬剤師がいるわけではありませんが、早急な対応が望まれています。

かかりつけ薬剤師は、一言でいえば主治医のような存在といえます。通常は、お腹が痛くなれば内科のお医者さまに診てもらい、頭が痛くなれば脳神経外科のお医者さまに診てもらうといったように、主治医がいれば、まずは主治医に相談します。これと同じように、お薬で困ったことがあれば、かかりつけ薬剤師に相談すれば、いつでも疑問を解決してくれるのです。

かかりつけ薬剤師は、指名された患者さんが服用している薬の情報をすべて管理することになっています。複数の医療機関から薬を処方されていたとしても、そのすべてを把握しています。例えば、胃もたれがひどくなったのでドラッグストアで胃薬を買おうとした時、飲み合わせや副作用が心配であれば、かかりつけ薬剤師に電話で相談するなどして最適な胃薬を選べるというわけです。

また、薬だけではなくサプリメントについても質問でき、日々の健康についても相談に乗ってくれます。特に高齢になるといくつも病気を患うことが多くなりますが、そうなると処方される薬も数が多くなってしまいます。このような場合でも、かかりつけ薬剤師がいれば、飲み合わせなどをチェックしてくれるので、非常に価値のある制度ということができるのではないでしょうか。

高齢者だけではなく、若い人は薬を飲み慣れていないことから、その効果について考えることが少ない場合があります。その結果、副作用に過度に不安を抱いて途中で服用を中止するなどすれば、症状が長引くどころか、逆に悪化してしまうことも十分にあり得ます。

かかりつけ薬剤師は、薬の専門家である薬剤師の中でも、知識と経験が豊富で勉強し続ける意欲のある人のみに与えられた役割です。そして、今後はより一層、需要は高まっていくといわれています。

かかりつけ薬剤師の意義は、患者さん一人一人にとってベストといえる「薬による治療」が実現することにあります。薬剤師にとって、患者さんの体調や服用状況を考慮していつでも相談に乗るというのは、実際には決して簡単なこととはいえないでしょう。しかし、その結果、医師や看護の負担が分散され、膨らみ続けている医療費を抑制することにつながると考えられています。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.