かかりつけ薬剤師の役割

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師の役割

かかりつけ薬剤師の役割

かかりつけ薬剤師の役割は、一人の患者さんの服薬管理を全て一元管理することです。かかりつけ薬剤師を持っていない患者さんの場合には、薬局で発行されるお薬手帳を使って服薬管理をする仕組みになっていますが、お薬手帳をなくしてしまったり、普段とは別の薬局を利用する場合などには、患者さんの服薬を管理することは難しくなってしまいます。特に、現在服薬中のお薬がある場合には、禁忌とならない薬を処方することは薬剤師の義務でもありますから、過去にどんな薬を服薬したことがあって現在はどんな薬を飲んでいるのかを知ることは、薬剤師にとってはとても大切なことですし、患者さんにとっても健康上とても重要なこととなります。

かかりつけ薬剤師の役割ですが、薬学に関して専門的な知識を持つスペシャリストとして、患者さんの側に立って患者さんに服薬指導をすることができます。例えば、医師から処方される薬には新薬やジェネリック薬品などがありますが、それぞれ費用が異なっていて患者さんにかかる負担も異なります。医師から新薬を処方されても、かかりつけ薬剤師の判断でジェネリック薬品を処方してもらうように変更など、患者さんの側に立って薬とつきやすい環境を提供することもまた、かかりつけ薬剤師の役割と言えます。

また、かかりつけ薬剤師は患者さんの服薬歴を一元管理するわけですが、必要な場合には患者さん宅を訪問し、患者さんが飲まなかった残薬の整理や管理を行うこともまた、大切な役割となっています。基本的に医師から処方された薬は最後まで飲み切るのが理想的ですが、患者さんの中には「体調がよくなったから飲むのをやめた」という人は少なくありません。そうすると薬が自宅に残ってしまい、患者さんは「次の時に飲もうかな」と保管してしまいます。しかし、医薬品にも消費期限はついていますし、薬学について専門的な知識を持たない一般の人が自己判断で作用が強い医薬品を飲むことはとても危険です。そうした点も含めて、かかりつけ薬剤師は自宅を訪問して残薬の管理や整理を行うこととなります。患者さんにとって薬と安全に付き合うことができる環境を整備するお手伝いをすることもまた、かかりつけ薬剤師に与えられた大切な役割となっています。

かかりつけ薬剤師は、患者さんと調剤薬局との間に入って服薬管理や服薬指導を行うことを仕事としています。その際には、患者さんは特定の調剤薬局に常勤している薬剤師とかかりつけ薬剤師契約を結び、調剤業務はその薬局で行うこととなります。患者さんのニーズに応じて、調剤薬局に足を運んで薬の受け取りなどを行うこともまた、かかりつけ薬剤師の役割となります。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.