かかりつけ薬剤師のメリット・デメリット

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師のメリット・デメリット

かかりつけ薬剤師のメリット・デメリット

かかりつけ薬剤師のメリットはたくさんあります。まず1つ目は、一人の患者さんの服薬歴を一人の薬剤師が一元管理するため、患者さんが医薬品と上手く付き合える環境づくりができます。これまでのシステムでは、患者さんがお薬手帳を保管し、利用する調剤薬局では、そのお薬手帳に記載されている薬に関してのみ禁忌でないかをチェックしたり、過去にどのような疾病でどのような薬を服用してきたのかを把握した上で、問題ない薬を調剤していました。しかし、お薬手帳を持参しない患者さんの場合や、紛失してしまった場合などには、薬剤師にとっては把握する材料がないわけですから、患者さんに新しいお薬手帳を交付したり、その時に処方された医薬品に関して服薬の説明や指導を行うことしかできません。かかりつけ薬剤師が導入されることによって、一人に薬剤師が1人の患者さんの服薬を全て管理することができますし、処方箋による医薬品だけではなく市販されている薬も管理できるようになるため、患者さんにとってはより薬と上手に付き合えるようになりますし、薬剤師にとってもまた、責任の所在がはっきりすることによって充実感や満足感、やりがいを感じることができます。

2つ目のメリットは、ジェネリック薬品を勧めやすくなるという点です。医薬品には新薬やジェネリック薬品があり、患者さんにかかる費用負担は異なります。少しでも患者さんの立場になって調剤を行いたいと考えるかかりつけ薬剤師なら、新薬ではなく同じ効果が期待出来るジェネリックを勧めることもできるでしょう。患者さんの立場で薬学のスペシャリストとして働くことができるという点は、かかりつけ薬剤師のメリットと言えます。

かかりつけ薬剤師にはデメリットもあります。それは、一人のかかりつけ薬剤師にのしかかる仕事量が劇的に増えるという点です。かかりつけ薬剤師は調剤薬局で常勤として働くため、普段は日常業務として調剤業務を行なっています。職場によっては多忙を極めているために深夜まで残業しないと帰宅できない場合もあります。そうした忙しい日常生活の上に、さらにかかりつけ薬剤師としての業務がのしかかることによって、かかりつけ薬剤師だけではなく周囲にも仕事量が増えることが懸念されています。薬局側が働く薬剤師の数を増やすなどの対応をすることで、いくらかは軽減できる問題なので、転職先を考える際にはそうした面も良く比較検討した上で求人を見つけたいものですね。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.