かかりつけ薬剤師の必要な知識

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師の必要な知識

かかりつけ薬剤師の必要な知識

かかりつけ薬剤師のお仕事は、一人の患者さんの服薬歴を一元管理すると同時に、生活習慣や健康などについての相談に対し、薬学のスペシャリストという立場で指導を行うことです。そのため、かかりつけ薬剤師になるためには、患者さんが医師から処方されてくる薬についての専門的な知識を持っていることは、必要不可欠な条件と言えるでしょう。調剤業務を経験したことがある薬剤師にとっては、調剤に関する専門的な知識を持っていることはそれほどクリアすることが難しいハードルではありません。

しかし、調剤薬局はそのロケーションや近隣の医療機関の種類によって、対応する処方箋の種類や診療科目が大きく異なるため、場合によっては特定の診療科目に関しては専門知識を持っていても、別の診療科目についてはほとんど処方箋を取り扱ったことがないというケースもあるかもしれません。かかりつけ薬剤師になると、どの患者さんがどの診療科目で処方箋を受け取るかが分かりませんから、広い範囲で専門的な知識を持っていることが求められます。これからかかりつけ薬剤師になりたい人は、総合病院や大学病院の近くにある調剤薬局に勤務するなどして、多くの診療科の処方箋に関する専門的な知識を身につけられるような努力や工夫をすると良いでしょう。

また、かかりつけ薬剤師は患者さん一人一人の生活習慣や健康に対するアドバイスや指導を行うことも仕事内容となります。患者さんの生活習慣や健康は、その地域の気候や人々の生活ととても大きな関係がありますから、地域や文化に対する深い理解を持っていることもまた、かかりつけ薬剤師として働く際には必要となる知識と言えます。薬剤師の中には、転職することで土地鑑がない場所に引っ越す場合もありますが、かかりつけ薬剤師として働く場合には、地域密着型の活動をするなどして、できるだけそのエリアで生活している人たちの生活を理解することが必要となります。

さらに、かかりつけ薬剤師は患者さんの立場に立って服薬歴を一元管理したり、患者さんに服薬指導などを行います。その際には、医師から新薬を処方された場合でも、患者さんにとってはジェネリック医薬品の方がメリットが大きいと判断することもあるでしょうし、ジェネリック薬品にすることで患者さんにとってコスト面で大きな負担軽減をすることも可能です。かかりつけ薬剤師にとっては、そうした新薬とジェネリック医薬品との微妙な違いについても専門的な知識が求められます。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.