かかりつけ薬剤師の資格と条件

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師の資格と条件

かかりつけ薬剤師の資格と条件

薬剤師にとってはキャリアアップやステップアップな資格となるかかりつけ薬剤師のお仕事は、薬剤師の資格を持っていれば誰もが気軽に取得できるというわけではありません。薬剤師の資格を持っていることは大前提となりますが、それに加えて薬剤師として3年以上の実務経験がある事、そのうち最低でも6か月間の該当薬局での勤務経験があることが条件となります。調剤薬局での経験がある人なら、大体はこの条件を満たすことができますが、調剤薬局が内設されていないドラッグストアに勤務している薬剤師や、製薬会社や治験施設などの企業に勤務している薬剤師の場合には、残念ながらかかりつけ薬剤師になるための条件を満たしていないということになります。これからかかりつけ薬剤師として働きたい場合には、まずは調剤薬局へ転職をし、そこで最低半年間の実務経験を積むことが必要となります。

ここで注意したい点は、こうした実務経験の中でも最低6か月間以上の薬局勤務に関する条件では、特に雇用形態は問題となっていませんが、週の勤務時間が32時間以上でなければいけないという条件が課されている点です。パートや人材派遣でも、この勤務時間をクリアしていれば問題ありませんが、かかりつけ薬剤師の資格を取得してからは常勤、つまり正社員として働いている薬剤師のみがかかりつけ薬剤師として働けるので、雇用形態を見直すことは必要となります。

また、かかりつけ薬剤師になるためには、薬剤師認定制度認証機構によって認証されている研修認定制度を利用し、一定の研修を受ける必要があります。つまり、かかりつけ薬剤師葉認定薬剤師の資格を持っていなければいけないということです。こうした認定薬剤師の資格を取得するためには、定期的に開催されている研修に参加して認定してもらうことが必要になります。随時どこででも開催されているというわけではありませんので、事前に計画を立てて研修を受けて認定薬剤師の資格を取得しておきたいものです。

かかりつけ薬剤師になるためには、ほかにも条件があります。それは、医療や薬学の点から地域活動に参画していることという点です。具体的にどんな活動をしていなければいけないとルールが定められているわけではありませんが、かかりつけ薬剤師になると地域の患者さんの服薬歴を一元管理することになりますから、地域密着型の環境で働いていた経験があると、それがプラスになったりするようです。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.