かかりつけ薬剤師とは

かかりつけ薬剤師TOP >> かかりつけ薬剤師の基礎 >> かかりつけ薬剤師とは

かかりつけ薬剤師とは

かかりつけ薬剤師とは、2016年における診療報酬改定で新設された新しい薬剤師の種類です。かかりつけ薬剤師になるためには、最低でも3年以上の調剤薬局経験が必要になりますが、新しく作られた資格なので誰もかかりつけ薬剤師として経験が豊富な人はまだいないわけで、そうした点ではこれから成長が期待できる薬剤師のお仕事と言えるでしょう。

日本という国は国民皆保険なので、病気をすれば誰でも健康保険を使って気軽に病院で受診することができます。そのため、病院の外来はいつも大混雑となっており、診察を行うのに加えて薬を調剤する業務も行うことによって、医師にかかる負担が大きくなってしまいます。その医薬分業を目的として病院の近くに調剤のみを行う調剤薬局が誕生したわけですが、調剤薬局では処方された薬に対する服薬指導や副作用に関する説明などを行うことで、医師にかかる負担を軽減することができています。

しかし、薬剤師が患者さんに指導できるのは、これまでだと今回処方された薬についてのみで、現在服用している薬がある場合や、過去に服用して副作用が強く出てしまった薬などについての服薬歴を知ることはできません。現在ではお薬手帳が患者さんに発行され、薬を処方してもらうとお薬手帳にその内容が記入されていくというシステムとなっていますが、お薬手帳を薬局に持っていくのをうっかり忘れてしまうと薬剤師にとっては服薬管理ができなくなってしまいます。

そこで誕生したのがかかりつけ薬剤師です。かかりつけ薬剤師は、患者さんの服薬管理を一元管理することによって、病院から処方される薬に加えて市販の医薬品についても管理することを業務としています。基本的に患者さんからの相談には24時間体制で対応するシステムとなっていて、ニーズがあれば患者さんの自宅を訪問して服薬指導を行ったり、患者さんが飲まなかった残薬の整理や処分を行ったりすることが業務となります。体調がおかしくなったり怪我をした時にはまず最初に「かかりつけの医師」に見てもらうというシステムは以前から確立されていますが、薬剤師でも「かかりつけ薬剤師」を持つことによって、処方箋の薬からドラッグストアで販売されている薬まで、薬に関する管理を全て行ってもらうことができます。

かかりつけ薬剤師になるためには、調剤薬局で調剤業務をこなした経験があることが必要不可欠となります。特定の診療科における調剤業務よりも、たくさんの診療科目から出された処方箋に対応することによって幅広い診療科目の調剤業務に関する専門的な知識や経験を身につけることができるので、まずは調剤業務で経験を積むと良いでしょう。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.