かかりつけ薬剤師の求人ガイド

かかりつけ薬剤師の転職事情

かかりつけ薬剤師はまだまだ始まったばかりの制度なので求人数もそれほど多くありません。なので、転職の際には自分にマッチした求人を見つけることが重要になります。

ハローワークでもなかなか見つからない場合は転職サイトに登録しましょう。リクナビ薬剤師には薬剤師の求人も多くかかりつけ薬剤師求人も取り扱っていますので、ここから転職活動をスタートさせることをおすすめします。

かかりつけ薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
常時35,000件以上の求人情報を取り扱っていて、その中にはかかりつけ薬剤師のようなステップアップやキャリアアップ系のお仕事もたくさん取り扱っているリクナビ薬剤師は、薬剤師専用の求人転職サイトです。土日しっかり休めるお仕事や、かかりつけ薬剤師にとっては手当を含めた待遇が良い求人を、経験豊富なアドバイザーが紹介してくれます。今すぐに転職したいというスピード転職にも対応しているので、急いでいる人にもピッタリのサイトです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
日本全国にオフィスを展開し、全国レベルで地域密着型の求人情報を紹介してくれるのが魅力のマイナビ薬剤師では、かかりつけ薬剤師のお仕事の求人もたくさん取り扱っています。コンサルタントの対応力がバツグンと評判で、利用者の満足度は94%以上。資格を取得してキャリアアップしたいかかりつけ薬剤師希望者にオススメの求人情報もたくさん揃っていますし、高待遇のお仕事や有給消化率が高いお仕事なども豊富にそろっています。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
2012年における薬剤師の登録者数では業界ナンバーワンという実績を持つ薬キャリでは、調剤薬局で働く薬剤師にとってキャリアアップにつながるかかりつけ薬剤師の求人情報もたくさん取り扱っています。条件や待遇が良いお仕事、忙しすぎない職場など、かかりつけ薬剤師にとって魅力的な検索方法やキーワードが充実しているので、忙しい人でも迅速に自分にピッタリの仕事がきっと見つかります。

ヤクステ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師専門転職支援サービスとして人気のヤクステは、ヘッドハンティンググループから誕生した転職サイトで、かかりつけ薬剤師のようなステップアップ系求人も多数取り扱っています。条件や待遇がよく薬剤師から人気の非公開求人は常時3万件以上を取り扱っていますし、気に入った仕事を見つければ最短で即日対応することも可能です。交渉力に自信があるヤクステの担当者なら、きっと自分の実力にあった好条件での転職が可能です。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
日本調剤グループが運営しているファルマスタッフは、調剤薬局への転職情報に関しては業界トップレベルですし、全国15か所に営業所が設置されているので、全国どこに住んでいても地域密着型で好条件のお仕事を紹介してもらうことができます。かかりつけ薬剤師のように新設されたお仕事も充実していて、非公開求人がとても多い点も人気の理由と言えるでしょう。薬剤師の転職に精通した専任コンサルタントは80名以上いるので、自分と合うコンサルタントを見つけることもできます。

かかりつけ薬剤師のための転職サイトランキング

2016年の診療報酬改定によって新しく誕生した「かかりつけ薬剤師」というシステムは、患者さんの服薬状況を一人の薬剤師が一括管理をするというシステムです。これまでの場合には、例えば患者さんが風邪を引いたら内科を受診して薬を処方してもらい、それを管理するのは薬の調剤を行う調剤薬局となっていました。その際には患者さんにお薬手帳が発行され、患者さんが他の調剤薬局に行く場合には、そのお薬手帳を持参することによって、調剤薬局側が患者さんの服薬歴を把握できるという仕組みになっていました。

しかし、お薬手帳を管理するのは患者さんの側ですし、もしも薬局にお薬手帳を持参しない場合には、調剤薬局側ではその方の服薬歴を知ることはできないというデメリットがありました。現在飲んでいるお薬があっても、患者さんは薬の名前を全て覚えているわけではありませんし、過去に服薬して副作用が強く出てしまった薬の名前を正確に記憶しているわけではありませんから、服薬指導を行う薬剤師の側が患者さんにいろいろな質問をすることで、予測するというシステムだったわけです。

しかし、かかりつけ薬剤師のシステムが導入されたことによって、患者さんにとっては一人の薬剤師が自分の服薬歴をしっかり管理してくれることになりますし、自分がどんな疾病や疾患で医者にかかっても、このシステムを利用すれば禁忌薬を避けることができるという大きなメリットが期待できます。患者さんにとっては、かかりつけ薬剤師のシステムを利用することで費用面で大きな負担となるわけではなく、指導料として処方箋を出してもらうたびに210円を薬剤師に支払うことになります。また、薬剤師にとってもかかりつけ薬剤師システムが導入されることで指導料を多く受け取ることができるため、かかりつけ薬剤師を持つ薬局にとっては診療報酬のアップが見込めます。

かかりつけ薬剤師のお仕事は2016年に誕生したばかりのお仕事なので、まだまだ求人数は多くありません。「すでにかかりつけ薬剤師として働いた経験が多い人を優遇する」とならないのが、新しく設置されたシステムのメリットと言えるでしょう。このお仕事はこれから増えていくことが予想されていますが、求人を見つける際には調剤業務の経験が豊富な人が優遇されることが考えられます。そのため、これからかかりつけ薬剤師として働きたいという人ならまずは幅広い調剤業務をこなし、特定の診療科目だけではなく多くの診療科目から出される処方箋に対応できるスキルや専門知識を持っておくと良いでしょう。

TOP

かかりつけ薬剤師の基礎

かかりつけ薬剤師の求人

かかりつけ薬剤師のコラム


Copyright (C)2016-2017 かかりつけ薬剤師の求人ガイド All Rights Reserved.